感動大陸

観光情報満載の中国旅行専門サイト

サイトナビ|中国格安航空券中国ホテル予約中国地域・観光地ガイド

new感動大陸が提供する新しい形の中国語教室「ピンイン道場」 ~発音力を高める中国語教室~
日本で唯一の発音と声調安定に特化した中国語教室。4週間であなたの中国語が変わります。 詳細はこちら

トップページ >> 現地情報 >> 中華人民共和国 >> 天津市

天津市(てんしん)

天津 / TianJin / ティエンジン

略称: / Jin
州省都所在地:
中央直轄市
総面積:4335万km2
人口:1011万人

天津市の位置

位置と地勢

天津は中国4つの中央直轄地の一つで、中国北部を代表する港湾都市。華北平原の東北部に位置し、東南は渤海に面し、西北方面は北京市、その他の方面は河北省とそれぞれ隣接している。総面積は1万1920平方キロ(岩手県よりやや大きい)、内市街地面積は4335平方キロ(富山県よりやや大きい)を占めている。

行政区画

行政区画は市街エリアに和平区・河東区・河西区・南開区・河北区、臨海エリアに塘沽区・漢沽区・大港区、そして郊外に西青区・東麗区・津南区・北辰区・武清区・宝坻区の合わせて15区が設置され、その外側に静海県・寧河県・薊県の三つの県がある。全市の人口は1011万人。

気候

天津の気候は温帯半湿潤性気候に属し、日本と同様、季節風の影響により、冬は西北からの冷たい風が吹き、夏には南からの湿った風が吹く。四季ははっきりしていているが、夏と冬が長く、春と秋は短い。1月の平均気温は-6度、7月の平均気温は26度で、年間降雨量は550-680ミリ。

歴史

天津の街が形成されたのは、他の中国主要都市と比べかなり遅い。隋の時代(581-619)に南北を結ぶ大運河が建設されると、渤海と運河との接点にあたるこの地は、物資の集散地として人が集まるようになり、1214年(金の貞祐2年)には三岔河の河口に直沽寨が築かれた。これが記録に残る天津最古の名称といわれている。

その後1316年(元の延祐3年)に海津鎮と改名され、明の初期には北京の燕王・朱棣(初代皇帝洪武帝の第四子・後の永楽帝)がクーデターを起こし、南京の建文帝(洪武帝の長孫)を討つために南下する際にこの地位を通過したことから、永楽帝即位後、天津(天子が通過した渡し場)と改名された。また同時代(1404-1406)には天津衛・天津左衛・天津右衛の三つの城が築かれ、今日の天津の規模がほぼ整うことになる。

19世紀に入り、アロー戦争(第二次アヘン戦争:1856-1860)の結果結ばれた北京条約によって、天津は列強の圧力のもと開放港として大きな転機を迎える。西洋列強による租界が開かれ、市内には欧風建築が立ち並び、天津は中国北方最大の金融商業としてとして発展することになる。その後辛亥革命(1911年)で清朝を倒し成立した中華民国、そして1949年に建国された中華人民共和国も天津を中央直轄の特別市とし、北京とならぶ北方の重鎮として今日に至っている。

産業

今日の天津は北方有数の商業都市として発展し、郊外の開発区には世界の多くの有名企業が生産拠点を築き、中国経済での位置づけは益々重みを増している。

主要都市と名所旧跡

天津の町並みは近代からの面持ちを比較的良く残しており、昔租界地であった地区を中心に当時の洋館が数多く残され、西洋の雰囲気を漂わせている。またその一方で年画(正月に貼る民族絵画)や土人形、中国凧、煉瓦細工、絨毯など全国でも名を馳せる伝統工芸や天津三大名物と言われる狗不理(ゴープリー)包子(犬も喰わないという名の肉まん)・十八街の麻花(マーフォア:中国菓子)・耳朶眼炸餻(中国式ドーナツ)に代表される伝統食品、そして古文化街や南市食品街などの観光名所などの伝統文化が多く残され、現代化を加速し続ける中国の他の大都市の中では、近代へのノスタルジーや伝統文化の土臭さを強く感じさせる街となっている。

15日以上中国に滞在するなら : 中国ビザ ‐ 観光から業務・駐在・就労・留学まであらゆる中国ビザの申請を代行。最短3日で取得可能。

中国格安航空券 : 東京発 中国格安航空券 | 名古屋発 中国格安航空券 | 関空発 中国格安航空券 | 福岡発 中国格安航空券

中国での宿泊も感動大陸にお任せ! : 中国ホテル予約 ‐ 中国各都市のホテルを格安料金でご提供しています。

空港送迎サービスも迅速手配 : 空港送迎サービス・現地発ツアー ‐ 空港で日本語ガイドがお出迎え。現地発ツアーも豊富にご用意